見積書に保証の記載があるかを確認しましょう

見積書に保証の記載があるかを確認しましょう

外壁塗装の工事を見積もりしてもらう際に、見積書の内容は必ずチェックしておくようにしましょう。
できるなら何社か見積もりをしてもらい、相見積もりという形をとることをおすすめします。
その見積書の金額を確認して、相場に見合った金額なのかどうかをジャッジすることが大切です。

そして、見積書の内容でチェックしたい項目がまた別にあります。
それは保証工事の保証期間です。

塗装工事の費用は結構な高額です。申し込んだ後に不備があった、もしくはメンテナンスの余地があった時に、当然期間が長ければ長いほど最初に払った費用だけで賄えるのですが、万が一保証期間が著しく短い場合は注意です。
中には保証期間が短いから塗装工事の費用を圧縮しているという例もあるようですし、短期間の保証の場合は下地に問題がある、ということも過去にあったようです。

短い期間ですぐに塗装が剥げたりすることがあれば、最初の高額の工事費用がそのまま無駄になってしまいます。
外壁塗装の工事保証は一般的に壁面が5年と言われており、木造の部位など特定の箇所に限っては1、2年のものがあると言われています。
それぞれの部位の保証期間を確認して、極端に短い所はその理由を確認するようにしましょう。

    必見!お勧めWEBサイト

  • 物づくりの匠集団、SMT・手半田付け実装の完成品組立をおこなっている会社なら、物づくりのプロフェッショナルを育成する事を目的に設立した匠(たくみ)制度で教育し、国内外にも派遣をおこなっているので、安心できるクオリティを求められます。

Copyright(C) はじめての外壁塗装 All Rights Reserved.