外壁の塗り替えが必要とするサイン

外壁の塗り替えが必要とするサイン

長いこと同じ家に住んでいると、なかなか自分の家の細かいところまで目が行き届かないと思いますが、建物というのは生き物同然で、少しずつ経年劣化を起こしています。
そうなる前にメンテナンスをすることで、建物の見た目や機能性が維持され、大切な家に長く住み続けることができます。
メンテナンスというと外壁塗装ですが、家に住み続ける中で家が外壁塗装をしてほしいとサインを出しています。
そのサインにいち早く気付くことが家を守る最善の策です。

では家が示すサインとはどのようなものなのかを把握しておきましょう。
主な現象はこのような状態です。

・外壁のチョーキング
・藻やコケが繁殖している
・外壁のひび割れ
・屋根のコケやカビの増殖
・鉄部分のサビ
・木造部分の塗装のはがれ
・破風板の破損

これらの症状が出ている場合は、いち早く外壁塗装が必要です。この状態を放置したままですと、建物の内部までダメージが広がり、メンテナンスが大変になる上に、業者に依頼した時の工事料金もグンと跳ね上がります。
一般的に開示されている外壁塗装の相場は定期的にメンテナンスをしている金額がベースなので、相場以上の金額になることは間違いないでしょう。まずは業者への相談からしてみましょう。

    Copyright(C) はじめての外壁塗装 All Rights Reserved.