見積書に記載されている一式に注意

見積書に記載されている一式に注意

外壁塗装を依頼する際には、何社かの説明を聞いて、見積書を提示してもらった上で比較検討することをおすすめします。
その会社ごとによって、納得のいく説明ができているかどうかを見極めたり、見積もりや提案の中で曖昧な点がないかどうかを見極める上でも比較はとても大切です。
中には相見積もりをすることで業者さんに悪い、と思う方もいらっしゃいますが、相見積もりはしっかりとした契約のためにも必要な行為であり、多くの方が選ぶ手段なので、心配する必要はありません。

見積書をもらったら、その内容がわかりやすい説明があったかどうかを見ておきましょう。
見積書の内容は素人にとってわかりづらいものです。記載されている項目が相場に合った金額なのかもわからないでしょうし、どの部分にかかってくる費用なのかも説明がないとわからないです。

その部分が曖昧になっていないかを確認する必要はあります。

なお、見積書にあまりにも多くの「一式」という文字が多い時には、注意しましょう。
一式の中に含まれているものはどのようなものなのか、というのを知っておくことで後々に知らない商品やサービスも費用に含まれていた、などということも考えられますのでトラブルを事前に防ぐことができます。

    注目情報

  • 適時・適量潤滑が可能なため理想的な潤滑効果が得られる潤滑システムなら、耐摩耗性や付着性、流動性などの効果が得られるのでオススメです。

Copyright(C) はじめての外壁塗装 All Rights Reserved.