外壁の塗り替え時期について

外壁の塗り替え時期について

定期的な外壁塗装をすることで、大切な住居が長持ちするようになります。
少しでも長く住居を良い状態で維持させようとするのであれば、定期的な外壁塗装をして雨風や台風、地震の振動にも絶えられる家づくりをしておきましょう。

さて、定期的な外壁塗装といっても、どのくらいを目安に塗り替えをするのがベストなのでしょうか。
住宅の耐久力を維持させるのであれば、理想的な外壁塗装のタイミングは新築の状態から8年?10年と言われています。
これが初回の外壁塗装ですが、2回目以降の外壁塗装は10年?15年くらいと考えておけば間違いありません。

初回の8年?10年というのは、このくらいを経過すると住宅にひび割れが発生することが多いから、と言われています。
建築の段階で使われるモルタルが乾いてしまったり、振動があることでほぼ必ずと言えるほどにひび割れが起こるのです。
初回はこういったことがあるので、実は耐震性が弱いのです。
ただし、その後は定期的に外壁塗装を繰り替えすことでひび割れがしにくくなり、強い外壁が作り上げられます。
弱くなった塗膜を塗り替えるだけの作業ですので、費用も抑えられますし、好循環ができあがります。

見積もりの相場を見ながら塗り替え業者を選んでみて下さい。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • 作業中の蒸れを軽減させる工夫や、腰周りをすっきりとさせることにより腰袋の取り付けなど有効に使えるようになっている安全帯のフルハーネス仕様のものを探しているなら、万が一の場合でも体にかかる衝撃を肩と腿に分散させられるので負担が少なく安心して使用できます。

  • 取り込めないガーバデータ、取り込めないNCデータ、DXFデータなど、あらゆるデータの変換サービスがある基板設計を行なう業者を探しているなら、基板完成まで基板工場と技術的な対応まで責任を持ってバックアップしてくれるのでオススメです。

Copyright(C) はじめての外壁塗装 All Rights Reserved.